ふうた

記事一覧(80)

オリジナル開発発表会2019

こんにちは。報告が遅くなりましたが…3月10日(日)宮前平教室でオリジナル開発発表会を行い14名の生徒さんが参加されました!オリジナル開発をする際に大切にしているのは「生徒さんの気持ち」と「自分の力で開発する事」。アイディアシート(設計図)に見た目を描き、どのスプライトがどのように動くのかシートに描きながらイメージをまとめます。(ここ大事!)慣れている生徒さんや頭の中でまとまっている生徒さんは、設計図記入はだいたいにして開発にすぐ取りかかる生徒さんもおります。オリジナル開発を始めると「楽しい!」と話す生徒さんが多いです。自分のアイディアが実行できる楽しさ♪、得た知識で思い通りに開発できる楽しさ♪、お友達にこのゲーム面白そう♪と期待される楽しさ。ウキウキした様子が伝わってきます(^^)でもしばらくすると「あれ、思うように動かない…」と…。試行錯誤が始まります。開発を諦める子はいないんですよ。このプログラム方法はどうかな?などディスカッションもしますが、最後の答え(プログラム)は自分で見つけたがりますので、そっと見守るようにしています。楽しさの中にも苦労をしてできた自分のオリジナル開発には自信が持てますしオリジナル開発やゲーム紹介発表はアウトプットの良い機会になったかと思います。生徒さん達のオリジナル開発をする姿勢を見ていて井深 大氏のお言葉「creative failure(創造的失敗)を恐れるな」を、思い出しました。トライアンドエラーの繰り返しでゲームが完成した喜びを忘れないでね。保護者の皆さまからは温かい拍手や、褒めていただいた事も、生徒さん達にとって励みになったと思います。当日はお忙しい中オリジナル開発発表会にご参加くださり本当にありがとうございました。Tech Kids Home Teacher 川崎 宮前平教室

アイディアの実現を大切に

こんにちは、Tech Kids Home Teacher 川崎 宮前平教室 森上です。お教室では4月から教材がweb教材に変わりました。生徒さん達の反応は…動画での説明がわかりやすいと好感触です。教材の進め方は1時間1コマ分を目安に進めておりますが、個人差があります。私は、その個人差(生徒さんのペース)を大切にしています。生徒さんが意味がわからなーいの袋小路に入ってしまったら、一緒に動画を見返したり、そっと一人で熟考する様子を見つつヒントを伝え、また様子を見る様にしています。できるだけ、最後の答えは自分で見つけられる様に。繰り返し学習することにより今までの学びが紐付いて✨キラーン✨と先が開けたように、スムーズにプログラムする時の集中力は見ていて気持ちいいです。また、開発中に浮かんだアイディアはA4用紙に書き込んでもらっています。そのアイディアを実現するためには…と、処理の方法を可視化します。フローチャートってほどではありませんが、生徒さん本人が考えを書き出せればOKだと思っています。アイディアを実現するために、生徒さん本人と保護者さまの許可を得て、オリジナル開発に時間を使う事もあります。(一斉授業ではなく少人数クラスの良いところかと思います)そのアイディアが実行できた時の笑顔は最高ですよ。一緒に喜んだり、クラスのお友達にも見てもらったり。そんな経験がやる気につながればと思っています。